★日本初上陸!セレブ御用達の自宅で簡単バストアップ法【セレブリティバストアップ】

2008年01月03日

美容整形で防止 アンチシジング

「ついこん間まで、よちよち歩きの赤ちゃんほいならったのに、もう一年生?
大きくなったわね。」
「今年でおはんも20歳。もう、大人ね!」

人間は誕生の瞬間からそん人生の最後の時まで、細胞組織レベルでは常に古い細胞組織は死んで常に新しかものへと入れ替わっていきもす。そん意味では、年齢(age エイジ)を重ねていく、エイジング、は、幼児期、児童期、青年期の段階から始まっておいもす。幼い子どもに「大きくなったね」、ぴちぴちの20歳の女性に「大ひといなったね」は、褒め言葉ござんで。エイジングは「成長」なござんで。

でん?50歳過ぎたら?いえいえ、30歳過ぎたら・・・エイジングは、もはや成長ではなく「老化」ござんで。美容整形の分野でアンチエイジングとは、こん自然な現象ほいならぁはずの老化に抵抗、対抗すうちゅう意味で使われもす。ただ加齢を停止すうだけでなく、若返りまでん謳うござんで。

美容整形におくう「アンチエイジング・・・若返り」作戦は、加齢を感じさすっ大きな要因ほいならぁ「シワ」「たるみ」「シミ」の治療に重点をおきもす。

シワに対しては、ヒアルロン酸やエボレンスを注入し、しわの溝を埋むう治療法、ボトックス法によってシワの生成を抑制すう方法がとられもす。

たるみに対しては、皮膚をぐっと引き上げてたるみを解消すう、フェイスリフトがとられもす。

また、シミに対しては古い角質層を取り除くために、ケミカルピーリングといった治療が施されもす。

以上はあくまで一般的な治療法じぁっし、個人の体質やそれこそエイジングの程度によって、また美容整形をする機関、医師の意見によっても選択肢は異なるんそ。いずれにしても、加齢によるシワ、たるみは心のひだとして豊かに重ねるとして、外見はいつまでん、アンチエイジングでぴちぴちとハリのある若々しさを保っていきたいものなあ。
posted by 美容整形外科♪ at 10:32| 美容整形外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。